• ロゴ

    【精神疾患】二日酔い(Hangover)

    2016/12/13
    これからは忘年会/新年会の時期になって来ました。 ”過ぎたるは及ばざるが如し” 飲み過ぎ、食べ過ぎには要注意です。 当疾患は限度以上のアルコールの摂...
  • ロゴ

    【消化器疾患】痔(痔核/痔瘻/裂肛)

    2016/12/06
    痔とは、肛門部周辺の静脈が圧迫され、血液の滞留が発生する症状であり、中でも一番多い「痔核」は、肛門の周辺の毛細血管が鬱血することで発生します。一般的に、鬱血...
  • ロゴ

    【皮膚疾患】面皰

    2016/09/08
    中医学では皮膚は内臓の鏡であると認識し、内臓のさまざまな障害が皮膚に現れてきたものが皮膚病であると捉えます。 偏食、甘辛、油濃いものの過食により脾胃が損傷...
  • ロゴ

    【感覚器疾患】視力低下

    2016/09/08
    ※注:本来は「感覚器」のカテゴリを作るべきですが、現時点で記事が少ない為、「その他」に分類しています。 視力低下 『眼の暗きを治す法 大椎から下へ節を数え...
  • ロゴ

    【その他疾患】甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

    2016/09/08
    病証としては、甲状腺が腫れる、目が飛び出す、 動悸が起きる、疲れやすい、食欲が旺盛なのに体重が減少する、汗が出やすい、興奮しやすいなどがあります。 これを...
  • ロゴ

    【臨床例】腸脛靱帯炎〜大腿筋膜張筋痛

    2014/09/16
    【症状】左腸脛靱帯〜大腿筋膜張筋部の腫脹 【患者(性別/年代)】男性/40代 【発症期】本年8月下旬 【発症原因】均衡の左偏重 【処置】大腿筋膜張筋上の経穴...
  • ロゴ

    【臨床例】慢性疲弊

    2014/09/10
    【症状】慢性疲弊及び右頸部運動時痛 【患者(性別/年代)】男性/40代 【発症期】本年6月〜 【発症原因】不良姿勢での事務作業にて右頸部前屈動作時痛 【処置...
  • ロゴ

    【臨床例】当院に於ける橈骨茎状突起炎の治療一例

    2014/09/03
    【症状】左橈骨茎状突起炎(ドケルバン病)と右中指弾発指 【患者(性別/年代)】女性/40〜50代 【発症期】本年4月〜 【発症原因】ピアノ演奏の最中、左橈骨...
  • ロゴ

    【東洋医学】で「体調不良」を解消!

    2014/07/26
    東洋医学で「体調不良」を解消! 「体調不良」の状態が長く続いている人が多い最近……東洋医学でカラダの状態の確認を! (対策)よく食べ、よく動く。ストレス解...
  • ロゴ

    【東洋医学の豆知識】血の滞りタイプ(血オ)

    2014/07/08
    血の滞りタイプ(血オ) 血流が悪い、血液の粘稠度が高い、出血傾向があるなどの人が血オタイプと見て良いでしょう。 ただしこれは体質の話であって、急性炎症や...
  • ロゴ

    【東洋医学の豆知識】イライラ緊張タイプ(肝...

    2014/07/03
    イライラ緊張タイプ(肝気鬱-気滞)  ストレス社会の昨今、急増しているのがこのイライラ緊張タイプです。 追い込まれた感じの生活や睡眠不足で頭のキャパシテ...
  • ロゴ

    【東洋医学の豆知識】水分過剰タイプ(痰湿の邪)

    2014/07/02
    水分過剰タイプ(痰湿の邪) 体の水はけが悪い人です。消化能力の低い人などは、総じて水分の代謝力力も下がります(脾虚湿盛)。 まだ直接に尿量が少ない人、運...
  • ロゴ

    【東洋医学の豆知識】ほてりタイプ(陰虚)

    2014/07/01
    ほてりタイプ(陰虚)  陰虚とは、単純化していえば、体の水分の保湿能力が低下した状態と考えてください。 主症状はほてりと排泄物の少なさです。ほてりは更年...
  • ロゴ

    【東洋医学の豆知識】冷え性タイプ(陽虚ー寒邪)

    2014/06/28
    冷え性タイプ(陽虚ー寒邪)  気には陽気といって体を温める働きを持つものもあります。 この働きが低下した状態を陽虚といいます。 陽虚は気虚の寒冷現象版と考...
  • ロゴ

    【東洋医学の豆知識】不安症タイプ(血虚)

    2014/06/27
    不安症タイプ(血虚) 体の実体的栄養素である血が不足したことで起こる症候群です。 よく寝不足や心労から起こります。パソコンなどで眼を使いすぎても血虚を形成し...
  • ロゴ

    【東洋医学の豆知識】疲労タイプ(気虚)

    2014/06/25
    疲労タイプ(気虚) 気が足りなくなることによって起こる諸症状です。 気は、生まれながらにもつ元気、呼吸より取り入れる清気、食物より取り入れる穀気などから作...
疾患別メニュー

各疾患別のご説明になります