成長とは

2020/03/12 ブログ 疾病別ブログ スタッフブログ
ロゴ

 

いろんな経験を積んで新しい知識や情報を学び

吸収していくことだと勘違いしてた。

 

成長するとは今まで蓄えてきた経験や情報

それらすべて自分にとって良いものも悪いものも

いったん捨ててみること。

 

そうすることで自由に必要なときに

必要なものを自分の選択で使えるようになる。

 

捨てることが成長するということ。

私は自分のことを口は悪いがやさしい思っています。

なぜならば、幼いころから周りのひとに頻繁に言われ

てきたことだから。

 

自分の中でそれは確信にまでなっている。

顔つきや口は悪いがやさしい人それは私のイメージです。

 

私はやさしいと信じているので常に私はやさしい言動をしようと心がけます。

 

しかし、悲しいかなやさしくなれないときもある。

そんなとき罪悪感を感じるのです。

やさしくなれなかった自分の罪を責める。

 

または怒る必要があるときにも怒れなくなる。

だって私はやさしい人だから。

 

これが、たとえ自分にとって

良いセルフイメージだったとしても

いったんは捨てる必要がある理由。

 

必要なときに必要なものを使えるようになるには

まずは自分のことをどう思っているか

自分の持っているイメージを

すべてにおいて吟味してみると

 

驚いたことにそれらは、周囲の情報から

できていることに気づいた。

 

友達がこう言ったから。

父さんがこう言ったから。

母さんがこう言ったから。

先生がこう言ったから。

 

よく確かめもせずそうかもしれないと

受け入れてしまった情報が自分像に

なってしまっている。

 

それらをいったん捨ててみる。

自分の意思で全部捨ててみる。

 

それが自立すること、

成長する、ということなのだと

知りました。